イナゴ捕獲と佃煮作り@信州小諸

2015/10/23 Fri

10月の3連休、またまた実家の上田に帰りました。
庭の畑から秋の味覚を収穫する!というのが目的ですが…
今回は一つイベントを考えていました。それは…


2015101310.png


『イナゴを収穫して佃煮に調理して食べてみる』という体験です!

ちなみにうちの4歳6歳の娘たちは、虫が苦手です。
ハエが飛んでいても悲鳴を上げるタイプです(*_*;
でも今回「イナゴっていうバッタを取ってお料理して食べてみる?」と聞いたら、二人とも「やってみる!!」という答えました!


2015101302.png


という事で、私も初めての挑戦です(*´▽`*;)ドキドキ
イナゴを獲りに上田から小諸へ遠征し、イナゴが居るという田んぼへ行ってみました。

↓母と母の友人のおじさんの指導の元、あぜ道でイナゴを探す子供たち。


2015101303.png


今では農薬を使っている田んぼではイナゴがあまり見かけなくなったそうです。
でもここでは稲刈りが終わった場所でもイナゴを見つけることが出来ました。


2015101304.png


長女よりも虫に耐性があり、何とか捕まえられる次女。
(この日はとても寒くて、イナゴの動きが鈍かったです)


2015101306.png


ギャーギャー言いながらも、イナゴに飛び掛かって捕まえる長女。
いやただのバッタだよ?なんでそんな叫ぶのよ!と思わず突っ込む私でした(^-^;


2015101305.png


イナゴをすごい勢いで捕まえる母とおじさんの協力の元、たくさんのバッタを捕獲し、実家に帰宅しました。
後で数を数えたところ、238匹も捕まえました!!


夕方、母がこれを説明しながら調理を始めます。
まずは捕まえてきたイナゴを、沸騰したお湯に一気に投下します。


2015101307.png


子供たちはここでは参加できないので、台に乗って至近距離で見学させました。
人はたくさんの命を貰って食べているのよ、と食育??な感じ(*_*;


2015101308.png


この後が凄かった…!!!
茹でたイナゴを冷まして、1匹ずつ足と羽を取って下処理をします。
そしてその足と羽をすりこぎですり潰します。


虫が得意では無い私はギブアップしたくなりましたが、
なんと娘たちが一言も文句も愚痴も言わず、そういうものだと受けれ入れて淡々と進めていました。
勿論私も率先してやりましたが、子供の順応力の高さには本当に驚きです。


↓その時の光景。モザイク処理あり(閲覧多分大丈夫)


20151013089.png


下処理が終わったイナゴを、母が佃煮に調理してくれました。

↓イナゴの佃煮(モザイク処理あり)


2015101311.png


イナゴの佃煮はやっぱりおいしかったです!
しかも自分たちが捕まえたのでなおさら。
足も羽も無いので、見た目は魚のようでした。


私と次女はおいしいと思ったのですが、長女は「思った味と違う」と好きでは無さそうでした。
足と羽をすり潰したイナゴ味噌の方が「おいしい!」と言っていたので、長女の味覚はよくわかりません(*^▽^*)


2人とも「とても楽しかった~」と言ってくれたので、また来年も?機会があればやりたいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

てこリス

Author:てこリス
食べ歩き大好き。
子連れなので持ち帰り中心です。
子育てしながらのんびり更新します。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 品川区情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
にほんブログ村

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スイーツ
37位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク